ようこそ『The Ark』へ

ようこそ、物好きな皆さま。
当ブログでは、不可思議な小説、童話的な小説をおいております。
そのようなモノがお好きな方はどうぞ足を止めてください。

小説のジャンル別にカテゴリを分けてます。
最新投稿のお話が上に来るようになっています。
長編物は目次用のカテゴリからどうぞ。
長編の場合、各記事の文章の一番下に移動用のリンクがでますので、そちらを使うとより読みやすいと思います。

色々なお知らせ等は「はじめに」カテゴリにて御案内しています。


それでは、どうぞごゆるりと。。。


since:2006.12.02

糸綴じの本:目次

下に行く程新しいです。

■単発作品
「柵の向こう側」
「白イ花」
「りんご箱」

■異端見聞
「異端見聞:狐雨」
「異端見聞:フミキリ」

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | 2011.02.18
 インテルメッツォ:3


廊下の空気の温度は、暖炉の側よりもぐっと低く、伯爵が灯りにと持ったランプの炎で小さく暖を取った。
ゆらりゆらりと揺れるランプの灯りに導かれながら、廊下を進む。

アリスの話を終えた伯爵は、「来なさい」と一言言ったきり、何も言わない。
ただ、ランプを取って、廊下を進むだけだ。

長い廊下をひたすら歩き、一つの扉の前で伯爵が立ち止まった。
一見重そうに見えた扉は、キィと小さく鳴いて開いた。

薄暗く、廊下よりも寒い部屋があった。
その奥に、ぽつんと一人、少女が座っていた。

「彼女がアリスだよ」

伯爵はそう言って少女に近づき、少女の顔にランプを近付ける。
憂いを帯びた、儚くも美しい微笑みを浮かべる少女、アリス。

「もう動く事はないんだ」

少し寂しそうに、伯爵が言った。

「どうしてですか?」
「術を解いてもらったんだ。アリスが望んだ事だけれどね」

少女から離れ、伯爵は部屋を出る。私も続いて部屋を出た。


「さ、もう夜も遅い。明日は例のモノを見せてあげる約束だからね。ゆっくり休みなさい。さ、客室に案内しよう」

そう、私の目的は、別にあるのだ。
不可思議な物の収集家であるD伯爵とお近づきになったのも、共通の物好きがきっかけである。

通された部屋も、西洋アンティークで統一された小綺麗な部屋で、普段の私の自室との雲泥の差に、目眩を覚えながらベッドに横たわった。



***


鳥の鳴く声が遠くに聞こえる。
瞼を開き、身体を起こすと、室内の薄暗さを切り取るように朝日が差し込んでいた。
夢見心地でいると、重たそうな扉の向こうから、ノックが聞こえた。

「はい」
キィ、と見た目とは違って軽そうな音を立てて扉が開く。
そこには伯爵が立っていた。
「起きたかな?」
「あ、すいません」
「いやいや。ゆっくり支度しておいで。あぁ、朝食の用意は出来ているから」

着替えを済ませ、部屋を出る。
迷路のような伯爵の家の内を、記憶を頼りに夕食を頂いた場所へと向かう。

ようやく辿り着いた場所で、朝食をいただく。
先に済ませてしまった伯爵は、食後の煙草を楽しんでいた。
私がちらりと視線を向けると、伯爵は気付いて微笑みを浮かべ、
「ゆっくりお食べなさい。彼等は逃げたりはしないさ」
これから私が見せてもらう物を、伯爵は親し気に彼等と呼んでいる。何とも伯爵らしい。
私はにこりと笑い返し、パンを千切った。


***


伯爵が見せてくれる物。
私の目的。
彼等の居る場所は、伯爵の家から少し離れた場所にある。

晴れた空の下、散策を楽しみながら、その場所へと向かう。
伯爵の家が少し遠く感じる距離まで来たところで、彼等の居る場所に着いた。

細長い、古い時計塔。
「此処に彼等が居るのさ」
伯爵が少し得意げに、時計塔の足元にあるドアを開けた。
ギギィと、重たそうな音を立てて開かれたドアの向こうには、沢山の時計達。

カチカチカチ…
 ……チッ……チッ…
カシ…カシ…

沢山の針が、歯車が、廻る音。
壁には螺旋上に階段が這い上がり、階段を昇りながら、壁に掛けられた時計を眺めることが出来る、時間と時空を閉じ込めた、素晴らしい空間だった。

「すごい!」
私はおおはしゃぎで時計を一つ一つ見て回る。その様子を、伯爵は楽しそうに見守っていた。


ひとしきり見て回った後、一番下の階のテーブルでお茶を楽しむ。
「どうだい、私の子達は」
「素晴らしいです。古い物が沢山!」
「そうかそうか、それはよかった。…よし、それでは君に時計の話もしてあげよう」
昨夜の話を気に入ったことを覚えていてくれたのか、伯爵がそう言った。

沢山の時計達が見守る中、伯爵のお話が始まる。

<< | | >>

D伯爵の童話 | 2007.01.04

- | 2011.02.18
Display Menu