ようこそ『The Ark』へ

ようこそ、物好きな皆さま。
当ブログでは、不可思議な小説、童話的な小説をおいております。
そのようなモノがお好きな方はどうぞ足を止めてください。

小説のジャンル別にカテゴリを分けてます。
最新投稿のお話が上に来るようになっています。
長編物は目次用のカテゴリからどうぞ。
長編の場合、各記事の文章の一番下に移動用のリンクがでますので、そちらを使うとより読みやすいと思います。

色々なお知らせ等は「はじめに」カテゴリにて御案内しています。


それでは、どうぞごゆるりと。。。


since:2006.12.02

糸綴じの本:目次

下に行く程新しいです。

■単発作品
「柵の向こう側」
「白イ花」
「りんご箱」

■異端見聞
「異端見聞:狐雨」
「異端見聞:フミキリ」

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | 2011.02.18
各カテゴリーについて、説明を付け加えておきます。



【ミヤ氏の小噺】
語り調子で朗々と、知られざるヒトやモノについて小噺をして参ります。
ヒトの正体、世の中に存在するあらゆるモノの存在理由、過去、起源。
貴方の知らない世界をお教えします。

【パピルスの1片】
不可思議、空虚、なんて事のない非日常。
そんな約1000文字で収めた短いお話を置いています。

【D伯爵の童話】
この世に存在するモノ達の知られざる由来・起源・始まり。
まるで昔話のように、お伽噺のように、過去の記憶のように。
ゆっくりと紡がれるお話。
いくつかの話が何章かに分かれて展開します。

【糸綴じの本】
退廃的な世界、箱庭的な日々。
1話完結の短編小説を置いています。

【夜啼鳥の囁き】
1Pに3〜4つ、日々の中で思いついた言葉、感じた気持ちを載せています。

ハッキリ言って意味不明な、不可思議な、あぁなるほど、と思うような、そんな話を書いています。

【ミヤ氏の小噺】と【パピルスの1片】はSS(ショートショート)なので、一つの記事で完結します。

【D伯爵の童話】は一つのお話が何章かに分かれて展開します。(少しずつ更新していきます。)
PCからの方はカテゴリの【D伯爵の童話】をクリックして頂くと、下にメニューが出るようになります。
携帯からの方は下の方にあるカテゴリー移動を使って【D伯爵の童話】に移動して頂くと、上から順番にお話が読めるようになっています。

【糸綴じの本】は何記事かで1話完結、の短編小説です。
PCからの方はカテゴリの【糸綴じの本】をクリックして頂くと、下にメニューが出るようになります。
携帯からの方は下の方にあるカテゴリー移動を使って【糸綴じの本】に移動して頂くと、上から順番にお話が読めるようになっています。

【夜啼鳥の囁き】はmixi日記中で時折呟いていた言葉を3〜4つずつにまとめて公開しています。

数記事に渡るお話は、お話の本文の最後に移動リンクを付けてますので、そちらを利用してください。

*リンク説明*
<<…前のお話の記事に戻る
△…カテゴリトップに戻る
>>…次のお話の記事に進む



*余談*
mixiの方で『意味不明小説』コミュというのがあるのですが、そちらでも書いていたりします。
そちらのお話をまとめたサイトが意味不明小説なんですけども、そこに公開しているお話や、公開してないお話を置いていきます。
また、こちらで公開していないお話が意味不明小説にもあったりします。
他の作家さん方のお話も素敵なので、そちらもよろしくお願いします。
はじめに | 2006.12.02

- | 2011.02.18