ようこそ『The Ark』へ

ようこそ、物好きな皆さま。
当ブログでは、不可思議な小説、童話的な小説をおいております。
そのようなモノがお好きな方はどうぞ足を止めてください。

小説のジャンル別にカテゴリを分けてます。
最新投稿のお話が上に来るようになっています。
長編物は目次用のカテゴリからどうぞ。
長編の場合、各記事の文章の一番下に移動用のリンクがでますので、そちらを使うとより読みやすいと思います。

色々なお知らせ等は「はじめに」カテゴリにて御案内しています。


それでは、どうぞごゆるりと。。。


since:2006.12.02

糸綴じの本:目次

下に行く程新しいです。

■単発作品
「柵の向こう側」
「白イ花」
「りんご箱」

■異端見聞
「異端見聞:狐雨」
「異端見聞:フミキリ」

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | 2011.02.18
私が彼に出会った時の事は、よく覚えていない。
いつの間にか、彼、「D伯爵」を知っていて、こうして彼の家に呼ばれ、食事を共にするような仲であった。

伯爵の家は、まるで中世を思わせるような物で全てが整えられていた。
室内暖炉に、アンティークな家具達、古めかしい絵画と額縁。
食事の際に使ったフォークやナイフ、皿やコップに至るまで、かなりの年代物と思われる物ばかりだった。

食事が終わると、彼は暖炉の前の揺り椅子に座り、心地よい食後の一服を楽しんでいた。
彼の煙草もまた今どき珍しいパイプ煙草だ。
私は側のソファに座り、美味しいものでいっぱいになった胃袋を服の上からさすっていた。

窓の側のチェストの上に、可愛らしい人形があるのに気付いた。
やはりアンティークなようで、時を感じさせる少女人形だった。
私はそれを手に取り、
「伯爵、この子の名前はなんて言うんですか?」
と聞いてみた。

伯爵は何にでも名前を付けているヒトだった。例えば、今伯爵が座っている揺り椅子にさえ名前が付いている。たしか「キング」とか言っていた。

伯爵は煙りを燻らせ、目を細め、
「あぁ、その子は『リデル』というんだ」
伯爵が手でこちらによこせ、という合図をしたので、私は「リデル」という少女人形を渡した。
「美しい子だろう」
伯爵が優しく撫でている。よほどお気に入りなんだろう。

「あぁ、そうだ」
思い付いたように、伯爵が声を吐き出す。
「人形の話をしてあげよう」

暖炉の中で、火種がまるで拍手のようにパチパチと音を上げた。


<< | | >>

D伯爵の童話 | 2006.12.04

- | 2011.02.18
Display Menu