ようこそ『The Ark』へ

ようこそ、物好きな皆さま。
当ブログでは、不可思議な小説、童話的な小説をおいております。
そのようなモノがお好きな方はどうぞ足を止めてください。

小説のジャンル別にカテゴリを分けてます。
最新投稿のお話が上に来るようになっています。
長編物は目次用のカテゴリからどうぞ。
長編の場合、各記事の文章の一番下に移動用のリンクがでますので、そちらを使うとより読みやすいと思います。

色々なお知らせ等は「はじめに」カテゴリにて御案内しています。


それでは、どうぞごゆるりと。。。


since:2006.12.02

糸綴じの本:目次

下に行く程新しいです。

■単発作品
「柵の向こう側」
「白イ花」
「りんご箱」

■異端見聞
「異端見聞:狐雨」
「異端見聞:フミキリ」

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | 2011.02.18
昔、おばあちゃんが言っていた。
「誰かが死んだり、死んでしまう前には、星が流れて消えるんよ。
みんな、お空に自分のお星さんを持っていてね。
お星さんが消えたら、その人の命もおしまいなんよ」
二階のベランダから、遠く揺れる、ネオンの洪水を眺めながら、そんな事を思い出した。
ふと、空を見上げてみたら、星が綺麗な弧の字の尾を引いて、幾筋も幾筋も流れていった。
隣の部屋のテレビが、細い声で、小さな国の戦争が終わった、と言っていた。

パピルスの1片 | 2007.12.22

- | 2011.02.18