ようこそ『The Ark』へ

ようこそ、物好きな皆さま。
当ブログでは、不可思議な小説、童話的な小説をおいております。
そのようなモノがお好きな方はどうぞ足を止めてください。

小説のジャンル別にカテゴリを分けてます。
最新投稿のお話が上に来るようになっています。
長編物は目次用のカテゴリからどうぞ。
長編の場合、各記事の文章の一番下に移動用のリンクがでますので、そちらを使うとより読みやすいと思います。

色々なお知らせ等は「はじめに」カテゴリにて御案内しています。


それでは、どうぞごゆるりと。。。


since:2006.12.02

糸綴じの本:目次

下に行く程新しいです。

■単発作品
「柵の向こう側」
「白イ花」
「りんご箱」

■異端見聞
「異端見聞:狐雨」
「異端見聞:フミキリ」

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | 2011.02.18
 「月が綺麗だねぇ」
振り返ると、男が立っていた。
よれよれのシャツに、緩めたネクタイ、頭はぼさぼさ。見るからにくたびれた、私より少し上くらいの、サラリーマン。
男の薄い唇からふぅっと吐き出された煙が、白くふわりと舞って消えた。
「…月?」
持っていた煙草を口に銜えて、上を指差す。つられて顔をあげると、真ん丸の月が光っていた。
灰色の模様がくっきり見えるほどに鮮明な、白い月。
「屋上にでも上がらなきゃ、しっかり見えないからねぇ」
両手の親指と人差し指で作った四角に、月を捕らえて、彼はにやりと笑った。
「…君は月を見に来た、わけじゃなさそうだね。邪魔しちゃったかな」
ビルの屋上の、フェンスの向こう側にいる私に、彼は無表情で言った。
「……」
ふぅっと白い煙が揺らめいて消えた。
「…まぁ、好きにしたら?別に止めない。他人の人生の選択に、他人が口出すもんじゃないし」
うーん、と背伸びをして煙を吐いた後、彼は「あ」となにか思い出したように口を開けた。
「ひとつ、教えてやるよ。
 満月の夜は、気分が高ぶったり、悪い事考えたり、しやすいんだと。
 だから、事故とか事件とか、多いんだってさ」
煙がまた空中に舞った。

そして、彼はくるりと後ろを向き、出入り口の方へ歩き出した。それから、ポケットから紙切れを取り出し、ビリビリに破いて、
「じゃ、俺は、帰るわ」
そう言って、ドアの向こうに消えた。
月が綺麗だ。
夜の空が、うすら青く感じるほどに、強烈な光。
足元を見る。
車のバックライト、店の灯り、沢山の光が渦を巻いている。
不意に、空の灯りが陰る。雲が出てきた。
「…行くか」
私はそう呟いた。

-------------------

物書き向け満月企画参加作品

パピルスの1片 | 2011.02.18
物心がついた頃、僕にはすでに両親がいなくって、厳しいけれどとても優しい義母の大きな家に住んでいた。
周りには僕と同じような子供たちが沢山いた。
同じような僕らはとても仲が良くて、一つの部屋に何人も一緒に寝ていたりした。

あるまだ朝近い暗い時間に、僕たちは義母にたたき起こされた。
「さっさとおし!夜が明けちまうよ!」
大きなトラックの荷台に、僕らは押し込められた。
「何処に行くの?!ねえ!義母さん!」
僕たちは一生懸命叫んだけど、義母も義父も、知らん顔。
トラックの荷台が満員になると、
「さ、出発するよ!」
ガタガタ揺れながら、僕らを乗せたトラックは動き出す。
不安な僕らはうずくまり、肩を寄せ合った。泣いている子もいた。
僕ら、どうなるのかな…
もう悪戯しません、いい子になるよ。
「いい子に育つのよ」が義母の口癖だった。
いい子になるよ、いい子になるよ。
悲しくて悲しくて、僕はしくしく泣いた。

泣き疲れて眠ったらしく、目が覚めるとトラックは目的地に着いたようで止まっていた。
何人かずつトラックから降ろされ、何処かへ連れて行かれる。
僕が一番最後に降りると、義母は荷台の扉を閉めて、
「いい値段で売れておくれよ」
と、まがまがしい笑顔でそう言った。
あぁ、僕らはやはり売られちゃうんだ。

僕らは見世物小屋のような場所に何人かずつ箱に入れられて並べられた。
気付けば太陽は昇っていて、辺りはとても明るかったけれど、箱の中の僕らは暗かった。
みんな口々に自分達の悪戯やいけない行いを告白しては、泣いて反省した。
けれど、義母は
「いらっしゃい、いらっしゃい!いい子が揃ってるよ!」
なんだか楽しそうにそう叫んでいた。
太陽が高く登っていくにつれ、一人、また一人、買われていった。
僕はいつまでも買われなくて、小屋の隅っこでうずくまっていた。
「やれやれ、見た目が悪い奴らばかり売れ残る」
義母の苦々しい台詞が小さく降ってくる。
僕は大声をあげて泣き出したかった。けれど、本当に悲しいのに、涙なんて出ないんだ。
その時だった。
「その子、いただけるかしら?」
優しい声が僕を指差した。
そちらを見ると、柔らかい笑顔の女の人が立っていた。
「毎度!」
義母が喜々としてお金と引き換えに僕を引き渡した。
女の人は僕を優しく見下ろして、
「さぁ、帰りましょ」
とにっこり笑った。

女の人の家に着くと、僕は知らない子達と同じ部屋に入れられた。
見たことはあるような。あ、あの見世物小屋があった場所にいた子達だ。
「こ、こんにちわ」
初めて会う子達だから怖かったけど、思い切って話し掛けてみた。
「やぁ」
素っ気なく返された。か、会話を続けなきゃ!
「君達は何処から来たの?」
「ずっと北の方。あんたは?」
「僕も北の方…。お、同じだね!」
うぅ、知らない子とどうやって会話を続けたらいいんだ!
「…ねぇ、君は怖くないの?」
「何が?」
「こ、これからどうなるのか、怖くないの?」
「なんだ、お前、何も知らないのか。俺らは食われる為に買われてきたんだよ」
「なんですって!」
食べられちゃう?!あんな優しそうな人に?!
「そんな…」
「何言ってんの、それが俺達の役目じゃないか。美味しく食べられる為に生まれてきたんだぜ?」
「…そうなの?」
「そうだよ!俺達はまだラッキーだぜ?料理上手で最後まで残さず食べてくれそうな人に買われたんだから!
今じゃ最後まできっちり食べてくれる人、少ないんだ。美味しく料理されても、『マズイ』とか『もういらないー』とか言って食べてもらえないんだ。
せっかく生まれてきたのにさ!」
あぁ、そうか、そうなんだ。僕らは食べられる為に生まれて来たんだね。
「あんな優しそうな人に食べられるなら、悪くないや」
「俺らはあの人を笑顔にするために生まれてきたんだよ」
紅い顔の彼がにっこり笑う。

僕らは仲良く刻まれて、鍋の中で溶け合った。
白濁の世界が意識を覆う。
遠くで小さく楽しそうな声が聞こえる。

(おかあさん、きょうのおゆうはんなぁに?)
(きょうはあなたのだぁいすきなシチューよ)
(やったぁ!)

嬉しそうな声。
僕もとても嬉しいよ。
僕はきっと美味しいから、楽しみに待っていて。

どうかあの人がもっともっと笑顔になりますように…。


パピルスの1片 | 2010.12.26
風が騒ぐ。
春を起こそうと大騒ぎ。
時々目を覚ますけれど、すぐまた眠る。
何度寝したら起きるかしら。





昔の私に会った。

「まだ、生きてる?」
「生きているよ、元気だよ」
「お金持ちになった?」
「残念ながら」
「有名になった?」
「残念ながら」

「じゃあ、幸せ?」

「勿論」





手をぎゅっと握る。
暖かい。

生きている。
私は、生きている。

夜啼鳥の囁き | 2010.03.21
心が揺れる

ふらふらふら

隙間があるのだ
いつ空いたのか分からない
隙間があるのだ

ぐらぐらぐら

心の真ん中
中心不明
何処へ行く?
迷子

ゆらゆらゆら

隙間を埋めたら良いのだろうか
息が詰まったりしませんか?

ふわふわふわ

何を詰めよう?
首がしまるほど?

綿ならば



ぎゅう―――――

夜啼鳥の囁き | 2009.01.25
この大きな空でさえ、泣いたり笑ったりするんだよ。
この大きな大地でさえ、喜んだり怒ったりするんだよ。

こんなちっぽけな人間が、泣いたり笑ったり、喜んだり怒ったり、
そんなの当たり前じゃないか。





辛かったね。
苦しかったね。
痛かったね。
寂しかったね。
怖かったね。
悲しかったね。

でも、幸せだったよね。

もう大丈夫だよ、
ゆっくりしてね。

おやすみなさい。





何に絶望しているんだ。
何に悲嘆しているんだ。
何に叫喚しているんだ。

考えろ。考えろ。

「考えること」が出来ること。
それが余裕であり、幸福じゃないのかい?

夜啼鳥の囁き | 2008.05.28
Display Menu